ホーム » 年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!

年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!

みずほ銀行カードローンの審査ポイントは次の3つ!

そんな銀行系カードローンの中でも、今回はみずほ銀行カードローンについて詳しく説明していきましょう。

まずは、みずほ銀行カードローンの審査基準です。これらの基準を満足していれば、たとえ年収が200万円でもお金を借りることができます。では、どんな基準なのでしょうか?

みずほ銀行カードローンの審査基準
1.安定した収入がある!
2.雇用形態が安定している
3.過去の支払い履歴がキレイ
4.借入限度額が適正であること

たったこれだけです。この基準はみずほ銀行カードローンに限らず、どこのカードローンでもほぼ一緒です。

これらの基準さえクリアできれば、年収に関係なく、お金を借りることができます。  

新卒のあなたでもみずほ銀行カードローンの審査に通ります!

例えば、就職したてで、年収が少ないような場合、カードローンの審査にパスすることは非常に厳しいと考えている方が多いのではないでしょうか?でもそんなことは無いんです。継続的に安定した収入があるのであれば年収額には関係なく、審査にパスできます。

収入によって差が出てくるのは借入限度額だけなのです。この借入限度額も一定の基準を満たしていれば、収入証明が不要になりますので、最低額の借入限度額は保証されます。

ですから、年収が少ないことはあまり気にしなくてもいいのです。  

みずほ銀行カードローンの審査に通るために必要な3つのこと!

みずほ銀行カードローンの審査に通るためには、審査基準をクリアすることが必要です。そのためにはまずその審査基準を知っておかなくてはなりません。おさらいになりますがもう一度確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査基準は以下の通りです。
1.安定した収入がある!
2.雇用形態が安定している
3.過去の支払い履歴がキレイ
4.借入限度額が適正であること

この3点さえクリアしていれば、審査に通る確率はグンと上がります。  

1.安定した収入がある!

まず最初に、「安定した収入がある」という点ですが、これは金額は問われません。毎月決まった額の収入が得られていれば、クリアできます。

たとえ新入社員であっても、毎月決まった額の給料をもらっているのであれば、安定した収入とみなされますので、収入が少ないからといってあきらめる必要はありません。

逆に収入が多くても自由業である場合には、月々の収入が不安定ですので、審査に通ることは厳しくなります。

何度も言いますが、収入額は気にしなくていいのです。  

2.雇用形態が安定している

次のポイントが「雇用形態が安定している」です。ここで重要になってくるのが、企業の正社員かどうかということになってきます。ここでも収入の多い少ないは関係ありません。以下に経営状態が安定している会社に勤務していて、そこの正社員であり、長期の雇用が保証されているかということになります。この点では、サラリーマンや、公務員が非常に有利になってきます。

先ほどどんなに年収が高くても、自由業だと審査に通らないと説明しましたが、雇用形態の安定性という意味でも、自由業だと問題があり、この基準はクリアできません。

また、正規雇用でなくても、長期の雇用契約をしている契約社員であれば、正規社員と同様に、雇用形態が安定していると判断されます。

また専業主婦であっても、配偶者の雇用形態が安定していれば、審査に通ることができます。ただしこの場合は、借入限度額には制限がありますので注意してください。  

3.過去の支払い履歴がキレイ

そして、「過去の支払い履歴がキレイ」という項目がありますが、これは言い換えるとブラックリストに載っていないこととなります。

つまり、過去に返済事故を起こしたことがないということになります。この返済事故の対象はカードローンだけに限らず、クレジットカードも対象になってきます。

過去にこれらの返済を滞りなく行っていたのであれば、それは信用情報としてプラスに働きます。この人にお金を貸しても必ず返してくれるという信用につながるのです。

ですから、過去の借入の大小は関係ありません、きちんと返済している履歴があればそれでOKです。また、現在他から借り入れがあるとしても、きちんと返済をしていれば全く問題はありません。影響が出てくるとすれば借入限度額だけになりますので、審査基準はクリアできます。  

4.借入限度額が適正であること

最後に、借入限度額についてですが、ここも審査に通るか否かのポイントになります。みずほ銀行カードローンの場合、借入限度額が200万円以下であれば、収入証明が不要になります。つまり、年収がたとえ200万円でも、借入限度額は200万円まで設定できるのです。

消費者金融の場合、総量規制といって、借入限度額は年収の1/3以下に制限されますが、銀行系の場合は、この総量規制は適用「対象外となりますので、それを超えて借入限度額が設定できるのです。

ですから、審査に申し込む場合、特に収入面で不安があるのであれば、借入限度額は200万円以下にしてください。

この借入限度額は、後からでも増額できますので、収入が増えてから増額申請をしてもいいのです。特に新入社員の方は、最初から借入限度額を高く設定するのではなく、収入の増加に合わせて、徐々に増額していくようにしてください。  

みずほ銀行カードローンの審査ではここに注意すれば大丈夫!

みずほ銀行のカードローンでは、上記の審査基準を満たしている場合に、審査の最終段階として、在籍確認というものが電話で行われます。これは勤務先に電話をして、借主がその会社に在籍していることを確認するものです。在籍確認自体はさほど面倒なものではありません。およそ1~2分程度で終わります。

本人が電話に対応できなくても、その会社に在籍していることがわかればいいのです。勤務先には、銀行名を名乗って電話をしてきます。これは、銀行名を名乗ることが最も借主にとって安全だからです。銀行からの電話であれば、カードローンの本人確認と気づかれることはまずありません。いろいろな金融商品を扱っている銀行ならではです。

この在籍確認を確実に行えば、審査にはほとんどパスしたと考えて良いでしょう。  

みずほ銀行カードローンならゆとりあるキャッシングができます!

みずほ銀行カードローンの月々の返済額は、借入残高によって異なります。概ね借入残高が50万円ごとに月1万円となりますので、100万円借り入れたとすると、毎月2万円ずつの返済になります。借入残高に対しては、余裕のある返済額になりますので、月々の返済にゆとりを持てるようになります。

みずほ銀行カードローンでは借入限度額が最大1,000万円まで設定できます。また、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は、0.5%金利が優遇されます。このようにみずほ銀行ならではのサービスもあります。

またみずほ銀行では、Web完結での申し込みが可能です。わざわざ店舗まで訪れなくても、ネット上で審査を受け、融資を受けられるのも、みずほ銀行カードローンの特徴です。

みずほ銀行カードローンを利用してみようという方、まずはみずほ銀行のホームページをご覧ください。

みずほ銀行カードローンのホームページはこちらです。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー