月別アーカイブ: 2020年9月

過去のセックス遍歴を告白する?しない?

自分お彼女のセックス遍歴について男にもいろいろな考え方があります。
「自分の彼女の過去のセックス遍歴など聞きたくはない」というタイプもいれば
「自分の彼女の過去のセックス遍歴っが気になって聞かないと信用できない」
という男もいます。
まあ具体的な行為の内容までは聞かなくても「過去の男性経験の何院?」などしつこくたずねてくる男は少なくありません。

女性のセックス遍歴にもいろいろあります。
普通の恋愛でたくさんの男性と関係を持った人
もいえば
一夜限りのアバンチュールでたくさんの男性と関係を持つ人
じつは女性からすれば同じセックスでも男性から見ればかなり意味合いが異なるのです。
このあたりは慎重に今の彼氏の考え方を見極めなくてはいけません。

「過去のセックス遍歴どころか過去の男の話なんか聞きたくはない!」
そんな男が今の彼氏ならばあえて無理に話すことなんか必要ありません。
ただ、これが結婚という段階になると男も変わってくることが多いので気を付けなければなりません。
確かフランスの哲学者が言った言葉で
「男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがるものである」
というものをおぼろげに記憶がありますが、まさにそうであるような気がします。
「この男(ひと)を結婚するかも?」
そんな段階になった時に後悔しないためには過去のあなたのセックス遍歴は話さない方が賢明であろうと私は思います。
better相続 口コミ
どうしても?男は自分の彼女
まして自分の嫁になるかもしれない女性の過去のセックス遍歴は気になるものなのだ。
だからこそ気軽に明かしてはいけないものなのだ。
それが原因でいくら好きでも結婚に踏み切れない男も珍しくはない。
なかなか男の度量はそこまで広くはない。
よくあるのが元カレが今の彼氏となんらかの関係がある場合だ。
あなたにとっては「もう過去の終わったこと」と割り切れるだろうが男はそう簡単には割り切れないのだ。

遅すぎるアドバイスかもしれないが、できれば元カレの交友関係にある男から彼氏を選ぶことを出来るだけ避けるべきである。
じゃないとあなたのウソのセックス遍歴がすべてバレてしまうからなのだ。
若い頃の付き合いで別れるのは擦り傷ですむが結婚適齢期で別れるのは骨折くらいの痛みを伴うものだ。
だからこそ慎重に!慎重に!ならねばらんばらない⑫

一生懸命なのは(男)ホテルに入るまで(女)ホテルを出てから

ホテルに入るまでが一生懸命なのが男である
ホテルを出てからが一生賢明なのが女なのである

それはなぜか?

性欲で一生懸命なのが男
プライドで一生懸命なのが女であるからだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは有名な例え話である。
本気で好きだと思っていてもいざ一度でも肉体関係を持ってしまうと気持ちは冷めてしまうのも男の本音である。
肉体関係を持つまではあれほどマメでお金も使って尽くしてくれた男がいざ肉体関係の後は急に冷たくなった・・・
そんな経験を持つ世の女性も多いであろう。

そんな世の女性に伝えたいのは
その男が本気で好きかどうかは一度肉体関係を持ってみないとその男自身にもわからないものなのだ。
肉体関係を持った後にその男自身が今までの気持ちが「愛情」だったのか?たんなる「性欲」なのか?本心がわかるのです。

一方女性はどうでしょうか?
遊びのつもりで抱かれた後に。なぜか本気で好きになる?
そんそんな女性も多いのです。
それはなぜか?
「遊ぶのはいいけれど遊ばれるのは許せない!」
そんな変な論理の往来度に火が付く場合も多いのです。
自分が本気になることで、遊ばれたという現実を打ち消すことに一生懸命になるのが女?といううんちくを語るプレイボーイの方もいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これをうまく言っているのにこんな諺があります。

「経験人数を多めにサバを読むのが男」
「経験人数を少なめにサバを読むのが女」

うまいこと言いますよね。

男性のステイタスは
「どれだけたくさんの女性を征服したか」
ということかもしれません。
女性のステイタスは
「一人の男にどれだけ長く愛されたか?」
かもしれません。

だから男は多くの女性との逢瀬を自慢するのでしょうね。

恋愛に関しては百戦錬磨の女性でも最初はウブなふりをするものです。
それは決して縁起や恋愛テクニックではなく、もしかしたら
初めての恋
つまり初恋みたいな恋愛をしたい
という願望からかもしれません。

世の殿方よ
気を付けて
初恋のような恋を望むということはそれは最後の恋はしたくないとも言いかえれます。
ALG探偵社 評判