月別アーカイブ: 2020年10月

言葉遣いを気にしていますか?私は気になります

私は今の女性タレントの顔にタコ焼きを作るロー◎さんとかユキポ◎さんとかは苦手です。
ていうか嫌いです。テレビに出ているとすぐにチャンネル変えます。
その理由はどうもあの言葉遣いに虫唾が走るからです。
別に本人たちに悪気はあるおではなく、普通に話しているのだと思います。
でもいダメなんです。
頭ではわかっていても・・・
可愛いのは道めるけれど・・・
別に私に話しかけているわけでもないのですが、他の人と話しているだけなのに。イラっとしてしまうのです。

男の世界では、礼儀や挨拶を重んじない人間はまず成功しません。
たとえごく短期間成功しても長続きはしません。
私は年下の方でも原則敬語に近い話し方をしてしまいますし、それが性分になってしまっていますy。
ずっと営業の仕事だったので、久しぶりの友人でもなかなかその癖が抜けず
よくからかわれます。

■可愛い間だけですよ!そんな半仕方が許されるのは
私はどうも最近の女子タレントさんたちが及ぼす子供たちへの言葉遣いの影響に憂慮しています。
タメ口で年長者に話す面白さが受けているのか?
ちょっとおバカ系女子タレントはみんなそんな言葉遣いです。
たしかにそれもキャラ設定のため、縁起なのかもしれないのですが・・・・

もし、あなたが30歳近くにもなっていまだにそんな言葉遣いなら早い目に気づいた方がいい。
たぶん自分ではわからないだろうから、だれか近くで叱ってくれうr人がいればいいのだがそれも難しいだろう。
最近年長者と話をして顔をしかめられて事はないだろうか?
そんなことに主当たる節があるならあなたの言葉遣いは乱れている可能性が高い。

確かに10代後半などまだまだ大人と呼ぶには少し早い段階では許されるかもしれないし、そのほうがかえって「可愛い」ともてはやされるかもしれない。
しかし20歳を超えて社会人になったのならすぐに改めるべきだ。
なぜならそんな言葉づかいの女性は、大人の男はセックスの相手としてはwelcome だが毛来ない手にはNo thank you なのだから

家に帰って
「マジマンジィー 超ムカツクゥ!!」
そんなことをいう嫁が家にいたのなら・・・
まして自分の子供の教育を考えたなら・・・
実家 解体 費用 兄弟

男は結婚相手に容姿よりも優先することがたくさんある

「どうせ私はブスだから・・・」
結婚しない?できない?女性とお酒の場でよく言われるセリフだが、そんな台詞を口に出す時点で正真正銘のブスであることに間違いありません。
最近の女芸人さんを見て欲しいものです。
もちろん、結婚ししない?(できない?)女芸人さんも多いが意外と多くの女芸人さんが結婚して幸せな結婚生活を送っているニュースも少なくない。
どうして容姿の良くない、いわゆる自称ブスでデブの女芸人さんが結婚出来てあなたが結婚できないのか?

■ 内面ブスと外面ブスは大きく違う
先ほどのお酒の席でネチネチ自分がまるで悲劇のヒロインのように?世の男がまるで全く見る目がないように?愚痴っている女性に思わずこう言いたかった!
「てめえが正真正銘のブスだからだよ!」
はぁ~ すっきりした。
名前も知らない偶然となりあわせの女性でしたがまあ、酒癖の悪いこと悪いこと
ボディタッチはしてくるは(ひょっとして誘ってるの?)
言葉尻をつかんでからんでくるわ
散々な目にあいましたが、もしもこんな女性と一夜を共にしたら後々のトラブルのほうが怖いので早々に退散しましたけどね。
署名ドットコム 評判 感想

■ 男が結婚相手に求めるは容姿だけじゃないよ
部屋の中がゴミ屋敷の部屋で暮らす美人
きれいに整理整頓し掃除も行き届いた部屋に暮らすブス

料理なんて作ったことなんてない美人
たまに手作りのお弁当を差し入れしてくれるブス

いつも愚痴ばかりネガティブ系の美人
いつも前向きで頑張り屋さんで楽観主義のブス

あわよくば一夜を共にできるということなら世の男はみんな美人を選ぶでしょう。
でも、それが生涯の伴侶という選択なら、みんなブスのほうを選ぶでしょう。
もはや結婚相手として観れば、ブスがブスでなくなります。
デブがデブではなく、ただのポッチャリさんに変わります。

私の嫁も決して美人ではありませんし、かなりポッチャリです。
でも、割れ鍋に綴じ蓋よろしく仲良く暮らしています。
どんなに美人よりも素晴らしいパートナーです。
喧嘩もよくしますが、なぜか一晩寝たら元通りになっています。
そんなもんですよ!結婚って