あなたで勃起しない男もいることを自覚しておこう

世の中には草食系という言葉もあるくらい男の生殖能力は低下しているのかもしれません。
本来、男とは女性を自分の支配下に置きたいものである。
または自分も言うことを素直にきく従順な女性を好むものです。
でも、それはもはや過去のことかもしれません。

ところが最近の草食系と言われる男性にはそれがとても弱いのです。

そこで最近「ED」という言葉もよく知られてきました。
男が勃起できないのである。
それがどうして問題化というと草食系と言われる男性が増える一方で肉食系の女性が増えてきたからかもしれません。
ベッドの上で「この役立たず!」よ女性から罵られては男のこけんにも関わりますよね。
そこで、いろいろな薬と飲んだり、さては病院にまで通うことになるのです。

男の勃起はテストステロンというホルモンと密接な関係があります。
このテストステロンというホルモンは「攻撃性」や「筋肉」を作るもホルモンです。
しかし草食系と言われる男性では刈る良くもなくニートも多いです。
これでは「好き」という気持ちがあっても勃起はしないのです。
私ならば勃起できない夜が一度でもあれば慌てて

男性が依頼」にいってEDの治療を行いたくなりますが、今の草食系男子は違うようです。
「立たないんだったらそれでもいいや」
そんな風に簡単に諦めてしまうのです。

しかし、問題なのは女性のほうである。
いくら男性側が「セックスは別にしなくてもかまわない」と考えていても「わたしって女性として魅力がないのかしら?」と思い悩むのである・

これが50や60のジュ懸念の婚活ならばかまいません。
でも、最近の若い方でもこんな状況にあることを自覚しておきましょう。
では、難しい究極の洗濯です。
うまくいかないのはセックスだけ!
他はすべて相性ばっちり
そんな異性が現れたのならどうすればいいのでしょうか?

私の結論は「パスしたほうが賢明」という考えです。
なぜなら、セックスはとても二人の関係を深める上でとても重要ですし、遅かれ早かれその問題で二人の関係にひびが入るはずだからです。
拘束具 SM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です